Photori

キャンピングカーとチワワに写真も。

PENNY LANE

The Beatles好きな方へお勧めなパン屋さん、レストランのPENNY LANE。

そうです、名曲ペニーレインをお店の名前にした栃木県那須が本店のお店です。

店内BGMはもちろんビートルズ

それだけじゃなく飾ってある写真や小物もビートルズです。

りむさな達には分からないだろうなぁ〜(笑)

 

G.Wに実家へ帰省した際につくばにあるお店へりむ☺︎さな☻を連れて行ってきました。

わんちゃん同伴OKで、店内とテラス両方が選べます。

 

わんちゃん用のごはんもあり、SSサイズ(約110g)で¥300とかなりリーズナブル。

☺︎☻にはひとつで充分なくらい。

ブレブレですが迫力のあるさな☻

こちらもブレてますが目が飛び出しそう・・・

りむ☺︎はぺろぺろ派

ワンズだけでなく人間用のごはんも美味しいものがたくさんあります。

お値段は結構なお高めですが、それなりにボリュームもあります。

個人的には料理やお値段はHard Rock Cafeに似ているかな。

 

はんば〜〜ぐ(ペニーレインハンバーグ デミグラスソース&チーズソース)

ブール ド ビーフシチュー

つくば豚の厚切りロースソテー

今度はいつ行けるかなぁ〜。

 

2022GW #11

ようやくここまで来ました。

GWの投稿も今回が最後です。

6日目は兵庫県にある姫路城と中華街(南京町)へ行ってきました。

姫路城(白鷺城)

お城って難しいんですよ。

歴史的な背景を知りたいという好奇心があればもっと被写体としても魅力になると思うのですが、個人的になんだか腰が重い題材です。

 

それでも当日は結構撮ってしまいましたけど。

本当に白いですね〜

さな☻りむ☺︎も一緒に

お天気も良く順光で眩しそうです。。。

シネマチックスタイルをあててみました。

GW、お天気も良い日だったのですごい人、人、人でした。

お城の中に入る行列も長〜く出来ていました。

ウチは☺︎☻がいるので並びませんでしたけど。

 

姫路城はささっと済ませて、朝昼ごはんを兼ねての中華街へ向かいました。

近づくに連れて渋滞し始めて、パーキングへ入るのにも渋滞してました。

恐るべしGW!普段も混んでいるのか分かっていませんが(笑)

 

ウチの車は高さ2.5mあり、立体駐車場はほぼほぼアウトなので平置き駐車場じゃないと停められないんですが、停めようとしていた駐車場は立体駐車場と平置き駐車場の組み合わさったパーキングでした。

Google MAPの衛星写真で見ると大きな路面駐車場だったので向かったのですが、失敗・・・。

やっとのことで駐車場に入れても立体駐車場へは行けず、平置きが空くまでハザード付けて停車してるしかなく精神衛生上疲れてしまいました。

 

それだけでなく、ペット可のお目当てのお店が閉まっているし・・・。

なんとかペット可のお店を見つけることができ事なきを得ましたが、ペット可と言っても一般のお客さんとの区別のない室内のテーブルだったので、リュックタイプのワンズバッグへ入れていたとはいえ、室内の温度が高く顔は出させてもらっていたので、周りへの影響が・・・とか考えながら食事をしたこともあり、ゆっくりと味わうことが出来なかったのが残念。

次回はもっと下調べしてからリベンジしたいと思いました。

 

こういうの結構好きな被写体。

この写真がこの日のベストスナップかなぁ。

これもイイ。

 

 

おしまい。

2022GW #10

5日目は道後温泉を後にして旅の目的の二つ目であるしまなみ海道へ。

 

大島にある亀老山展望台からの景色です。

点々とする島々に橋が掛かっている有名な景色を見ることができて感動でした。

お天気も良く少し霞んではいましたが大満足な見晴らしでした。

左:来島海峡第二大橋 右:来島海峡第一大橋

上空には鷲(?)がクルクルと大きな翼を拡げていたので望遠レンズ(70−300mm)だったこともあり狙ってみました。

ワシだと思うんだけど...

トリミングしていないので小さいですね。

やっぱりこういう写真を上手く撮られる方々はすごいなと思います。

 

続いては今回の旅の目的の三つ目、イルカと戯れるです。

塩で有名な伯方島にあるドルフィンファームしまなみへ。

 

隣には道の駅 伯方S・Cパークもあり利便性はいいですね。

GWということもあり予約をしていたので時間までプラプラしたり、道の駅でお買い物をして過ごしました。

りむ☺︎さな☻

椰子の木もあって雰囲気も良いです。

FILMスタイルにしてみました。

浜辺でさな☻とりむ☺︎

波にびっくりして逃げる途中にカメラ目線くれました。

そして遂にイルカさんとご対面です。(事前にレクチャーがありました)

つばきちゃん 約3mの体長で大きい

レクチャーでも紹介がありましたが、しゃくれのつばきちゃん

実際の戯れはこんな感じ。

投げ輪を口に引っ掛けて持ってきてくれて、自分で取らせてもらえます。

ちょっとアレコレなのでモノクロにしちゃいました。

私は右側です。

両手をグーにして上下に振り振りするとつばきちゃんも胸ひれをバタバタして水面をバシャバシャしてくれます。

けっこう近くに来てくれます。

つばきちゃんの頭を撫でさせてもらえることもできました。

濡れた茄子をさすっている感覚と近いかもです。

 

いい歳にもなり、始めは小っ恥ずかしく思っていましたが中々出来ない体験ですしやってよかったなと思います。

自分達が体験している間にも子連れ家族のWatch組の方々が後方にたくさん集まっていましたが、実際に始まってしまうとつばきちゃんに夢中なので全然気にもしなかった(笑)

 

本当はりむさな抱っこしてつばきちゃんに顔を近づけているところを写真にと思っていたのですが、やっぱり難しくてりむさなには後方でスタッフの方に見守られながら待っていてもらいました。

写真もスタッフの方がたくさんの動画、写真を織り交ぜて撮影してくれて感謝です。

 

心も洗われたところで、お腹が空きますよね。

生口島にある瀬戸田PA上りでレモンラーメンを戴きました。

瀬戸田レモンラーメン

久しくレモンを絞ったものではなく、そのままを口にすることなんてありませんでしたが、

お、美味しい!

スッパっ!!とはならず、もちろん酸っぱいんだけど渋みや苦味もなく果実から溢れる爽やかな果汁が口の中に広がります。

ラーメンは塩味でレモンがなかったら、んっ?っとなっていたであろうところ(たぶん)とても美味しいラーメンへ進化させてしまうのにはビックリさせられました。

 

今日はちょっと長くなってしまいましたね。

でも、

つづく。

 

2022GW #9

4日目の夜は道後温泉へ。

 

昨年の本館は今回と逆で、写真の裏手側が公開されていて手前側が覆われて隠れていました。

道後温泉本館

昨年の裏手はこんな感じでした。

photori.hatenablog.com

昨年の覆うシートはこんなでデザインでした。

鳳凰の方が好みかなぁ〜。

2021GW

 

ちょっと温泉街をブラブラしてみました。

本当は電車に乗って松山市街へ繰り出して居酒屋さんで美味しい地の料理でも、という予定でしたが、飛鳥乃湯泉、椿の湯は共に激混みですぐには入れず、整理券が配布され待ち時間が60分〜90分待ちで整理券配布も時機に終了しますとのことだったのでお風呂入れないのは困ってしまいますしお出掛けは断念することに。。。

 

松山市街へ行ってのお目当ては”鯛めし”で、”かどや”というお店にしようと考えていましたが、なんと、椿の湯の目の前に支店がありました(笑)

 

鯛めしの前にブリのお刺身です。

柑橘ブリお造り

そしてここでも思い掛けない出会いが!

ブリの藁焼きのタタキです。

藁焼きと言ったら高知のカツオの藁焼きタタキが有名ですが、ブリで藁焼きは初めて見ました。

当日はカツオが終了してしまっていたのと、ブリのお刺身と被ってしまったこともあり期待はしていませんでしたが見事に裏切られました!

柑橘ブリ藁焼きタタキ

なんで藁で焼く必要があるの?とどことなく思っていたのが完全に覆されました。

運ばれてきて直ぐの香ばしい香り。

ポン酢を掛けるスタイル(リピート注文したらなぜか各自の受け皿にポン酢が入って提供されましたが・・・)で、甘い新玉ねぎや紅葉おろし等の薬味を乗せて口の中へ放り込むと香ばしい香りが口の中に広がり、柑橘の爽やかなポン酢がブリの脂を中和してくれてさっぱり美味しく戴けるタタキで感動!

カツオのたたきよりも美味しいんじゃないか!?

戻りカツオのタタキは食べたことがないので断言することは避けますが(笑)

地酒との相性もよく気分は上々に。

 

そしてお待ちかね最後の〆に宇和島スタイルの鯛めしをいただきました。

鯛めし

出汁へ鯛を投入

コレ本当に美味しい。

まず出汁+卵の組み合わせが美味しいんです。

正直、未だに鯛の味わいって分かってはいないと思うのですが、ぷりっとした食感がごはんと一緒に頬張ってもちゃんと主張してきて、あっ美味しい!と。

 

こういう旅先での美味しい料理にありつけるというのがあるので旅ってやめられない(笑)

 

つづく。

2022GW #8

まだまだ続きます。

 

4日目はうどんの後にマイントピア別子へ行ってきました。

鉱山の観光ができる場所ですが、ウチはワンコ連れなので周辺をりむさなの散歩も兼ねながら歩いてきました。

古びた橋がいい味出してます。

 

 

5月のGWだというのにこんなに赤い葉の樹木がありました。

赤い橋もいい雰囲気を醸し出しています。

 

 

そして思いがけない出会いとなったのかコレ。

温州みかんソフトクリーム(八寿 やじゅ)です。

爽やかな柑橘で甘さも控えめで、少しキツくなってきた日射しで火照った身体に心地よい風が吹いているような感じ(笑)

今度四国へ行った時には、八寿(やじゅ)みかんを造っている杉本果樹園へ行きたいな。

 

つづく。

 

2022GW #7

今日は車中泊をしながらのブログ更新です。

ブログを始める目的の一つであった、テーブルにMacBook Air広げてお酒を嗜みながらです。

今回は当日撮った写真を上げるのではないので、ちと本来の意図とは異なりますけど...

 

まだまだGWの写真ですが、旅行の目的の一つだった讃岐うどんのお店(再訪)です。

と、その前に本命の前に新たな別の讃岐うどんも食しておこうということで急遽立ち寄ったうどん屋さんです。

おか泉(せん)

夜ご飯時間に結構並びましたけど、SNSチェックするとお昼はもっと並んでいるようです。

メニューはこちら。

たくさんあって迷ってしまいますが、チョイスしたのはこちら。

天ぷらうどん

これまで食べた讃岐うどんのダシとは違い初めての味でしたけど、天ぷらの衣が美味しくて汁に溶け出したコクとダシがマッチして素晴らしい味でした。

 

そして、翌日向かったのが本命の山内うどんです。

雰囲気ある趣。まぁ関東ではこういう雰囲気のうどん屋さんに出会ったことがないです。

(普段は蕎麦派だから?)

この暖簾、期待がふくらみます。

そして・・・

お待ちかね・・・

あつあつ、かしわ天

嗚呼、もう香りが最高なんです。

一口汁を飲んで、もう一口飲んで出汁の美味しさを再確認して、うどん全体を見渡して見た目でも味わい、脳内処理を落ち着かせてと美味しいものって普段やらないことをやってしまう。

うどんもコシがあって、ダシも絡んで口の中ではずっと噛んでいたい感じです。

(普段は断然蕎麦派の私ですが、ここのうどんは本当に別格ですね)

今回もまた汁を全部飲み干してしまいました。

 

つづく。

 

2022GW #6

今日は徳島県鳴門海峡近くにある大塚国際美術館へ行ってきた時の写真です。

ここは館内での写真撮影OKなところです。

それどころか、絵画(実際には陶版名画です)に触れてもいいというすごい美術館です。

時間も限られていたのでセレクトした有名な絵画だけを観ようと話し合っていましたがいつの間にか一つずつじっくり観てしまっていました。

それだけ夢中になってしまう作品がたくさんあったということだと思います。

 

圧倒される空間

パンフレットでもスタートとして記載されているシスティーナ・ホールと呼ばれるところです。

まぁ圧倒される空間でスゴイです。(語彙力がなく・・・)

 

印象に残った写真から、

 

こちらは絵画ではありませんが、カラフルなところでオブジェのチェアー(包まれる感じの)のあるフォトスポットになっていました。

 

超有名なイエスですね。

修復前の絵画とのことです。

 

そして、

超、超有名なモナリザです。法線方向で撮れなかったのが残念。。。

 

中学生の時に両親に連れられて欧州旅行へ行った(幸せな経験ですね)時に観たことがありましたのでモナリザは2度目となりますが、当時のことはほぼほぼ記憶に残っていません。。。

本物は写真・フラッシュ禁止に、近づいて観ることも出来なかった記憶ですが、こちらは好きなだけ近づいて観ることが出来ます。

 

カッコイイ絵画もありました。

素晴らしい

し、渋い

まだまだ有名な絵画もありました。

 

ちゃんと説明文とか読んでじっくり観るには1日でも厳しいかもしれませんね。

美術館の建物もB3⇨B2⇨B1⇨1F→2Fと階数もあり写真撮影待ちもあったりでかなりの時間を要します。

おかげで想像以上に足腰に疲労が溜まることに。

まぁそこは旅行中でもあるので温泉に浸かって疲れを癒すという至福を味わう時間もあるんですけどね。

 

つづく。